自力で営業部門を持つことができない会社が増加中

長引く不況のせいか、経営体力がない会社が多くなってきました。特に中小企業の多くは採用人数を最小限に抑えて、非正規雇用で何とか仕事をカバーしている状態が続いています。こうした会社には、営業部門というものがないケースも少なくはありません。営業マンがいても数人というレベルで、実質的に効果的な営業活動ができていない場合も多いのです。

営業活動を丸々アウトソーシングできる時代

最近は、様々な仕事が外部に撒けるようになっています。営業活動もその中の一つになりつつあります。専門的な知識が必要ないタイプの営業活動であれば、完全に外部の営業代行会社に任せてしまうというのも一つの方法になるでしょう。営業代行会社を使えば、必要なときに必要なだけの営業力を手に入れることができて便利です。

営業代行会社を使うとこんなメリットがある

営業代行会社を使うメリットはいくつかありますが、やはり一番大きいのは人件費がカットできる点にあります。自前で社員を一人雇うのは大変ですが、必要なときに数人の外部営業マンを雇うのは難しいことではありません。しかも、営業代行会社のスタッフは完全に営業活動に特化した人たちなので、高い営業成績が期待できるのです。社員教育に時間をかける必要もなくなって、会社の成長スピードまで速くなる可能性が高いです。

完全成果報酬を謳う会社も急増中

営業活動をアウトソーシングするときには、きちんと成果を出してもらえるかが心配ですよね。成果報酬型の契約を選べば、万が一成果が何も出なかったときにはお金を支払う必要がなくなります。成果が出た場合でも、得られた成果分のお金だけ支払えばいいのでコストは最小限に抑えられます。

営業代行とは、企業における営業活動に関する業務の一部、またはすべてを代行するものです。法人または個人への営業、飛び込み、電話などの、あらゆる営業活動に対応し、依頼先企業の営業活動を行います。