中小企業の場合のM&Aとは?

M&Aとは、会社の合併、買収を意味します。会社の合併や買収というと上場企業などの大企業を思い浮かべる方が多いと思いますが、昨今、中小企業のM&Aの事例が増えています。理由として、中小企業の事業拡大戦略の一環の為や、事業継承の解決策として活用されることが多くなってきたからです。同業他社を買収して、シェアを拡大して経営基盤を盤石にするというのは、事業拡大戦略の一つですし、事業を継承する後継ぎがいないけど、引退したいと思っている社長にとってはM&Aは解決策として有効です。

事業拡大戦略としてのM&Aと買収される側の論理

事業の拡大を考えている場合を考えてみましょう。例えば、新規顧客を獲得するために営業マンが大量に必要という場合、自社で新規に雇用して教育するコストと同業他社の顧客の情報と知識のある営業マンをM&Aで取得するのと比べた場合、後者の方が強みがあるのがわかると思います。単純な比較なので、詳細については詰める必要がありますが、多くの場合、後者の方が優位性があると思われます。他方で、買収される側の企業においても、承継問題で事業の清算を考えている社長が増えてきている、という背景も見逃せません。事業を清算してしまえば、創業者利益を得る機会を逃してしまいます。逆に、事業を他社に売却すれば、創業者利益を得ると共に、従業員の雇用の確保や取引先との関係も継続します。このように事業買収、合併というものは、まったく負のイメージとは遠い存在で、使い方によっては、関わる全ての人が納得いく結果を導く可能性がある事業戦略だといえます。

M&Aとは、企業の合併(merger)や買収(acquisition)の総称であり、会社分割、株式公開買い付けなどの手法により行われます。