まずは展示場所を確保する

展示会をする場合、まずは展示場所の確保が重要となります。やりたい展示ができるか(スペース・設備・ルールなど)をチェックしながら場所を絞ります。そして予算の範囲内で借りられる場所を選定し、会場へ予約に行きます。
会場によっては予約が立て込んでいたり、最低一か月以上は前の予約がルール付けられている場所もありますので、予約は開催予定日から余裕をもってしに行きましょう。

日程が決まったら展示の宣伝をする

展示場所に予約を入れ、開催予定日が確定したら、宣伝を始めましょう。会場によっては新聞社やラジオなどに案内状を出してくれるところがあります。そうでない場合でも自分で案内状を用意して、地元の新聞社やテレビ・ラジオなどのメディアに情報を送りましょう。取材をしてもらえる可能性があります。
案内状には「イベント名・日にち・時間・連絡先・展示内容・開催場所・主催者」などの必要な情報を載せておきます。
チラシ配りやポスターの掲示も大切です。また、SNSやウェブサイトを活用して、インターネット上でも宣伝しましょう。インターネットでの宣伝は費用をかけなくてもできるのでぜひしましょう。

搬入・レイアウトを行う

イベントの当日あるいは前日・数日前には搬入作業となります。展示物を会場に運び入れ、レイアウトします。長机や椅子は会場で借りられることも多いですが、別途料金がかからないか事前にチェックしておきましょう。
展示物の飾りつけには時間がかかります。一~二時間は作業にかかると思っておきましょう。
搬入にかけていい時間が決まっているなら、その時間内に終わるようにする必要があります。

ショッピングモールなど見かけるリフォームの展示会。昨日まで、そこにはなにもなかったのに今日はリフォーム商材キッチンやバスがならんでいます。これは前日に展示会の施工職人さん達がすべて組み立ています。